コース案内

MEL School 三鷹

0422-27-5366

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-13 三鷹第二ビル101

レッスン日/月〜土 受付時間/13:00~19:00
電話受付日/火〜土 電話受付/13:00~17:00

lv1

コース案内

MEL School三鷹のコース

course1

子どもの学習能力の発展に合わせたステージ設定と指導。この2つが効果的に英語力を育成するためには重要な役割を果たします。小学校高学年から高校までを4つの学習ステージに分けたコース設定をすることで効果的な指導が可能になります。

Primary Stage
小学4-6年対象

身の回りのテーマで 文字や感覚の育成をする

4月開講!体験レッスン受付中

笑顔で肩を組む生徒たち

発音、読み書き、会話、発表の基礎を習得

コース設定:英検5級~3級

楽しみながら確かな英語力を身につけます。フォニックスで読み書きの基礎作りから始め、身の回りや学校のことばの使い方や文の作り方、会話、発表の仕方を練習します。中学からの一貫コースで力を伸ばすための英語でのコミュニケーション力の素地を養います。

小学4年から6年ごろから自ら学習しようという意欲が芽生え、日本語で理解できることが増えていきます。英語に対する好奇心も高まり、表現や単語を興味を持って学ぶことができます。子どもらしい素直さが十分に残っている時期でもあるので、発音や音読、歌うことなどを恥ずかしがらずに大きな声で楽しんですることができます。この時期に英語の音声をたくさん聞く、英語の抑揚や意味のかたまりをしっかり捉えた音読練習をすることで、聞く力や発音がよくなります。また、英語で聞いたり読んだりした内容がわかる楽しさを味わいながら、文の仕組みを感覚的に理解する力が養われていきます。

談笑する生徒たち

Junior Stage
中1-3年対象

4月開講!3月プレレッスン受付中

身近なテーマで基礎の育成をする

真剣な眼差しで授業を受ける生徒

4技能全てをしっかり練習で身につけ

コミュニケーションへの意欲・態度を養成

コース設定:英検 ~準2級

 中学1年生の春から初めて英語学習を開始する生徒さんでも中2で英検準2級を取得する力が身につくコース。ほとんどの生徒さんは高校入試、中高一貫校で行うGTECや模擬試験でもトップクラスの成績に。英語を得意にして高校の学習でさらに伸ばす、留学を視野に入れることができる実力を身につけます。

この時期に英語の基礎をしっかり身につけるかどうかで高校で力が伸ばせるかが決まります。自分の言葉として英語を使うことを目的にするため、家庭や学校など身の回りのことから地域社会などに語彙やテーマを広げながら語彙、文法の正しい使い方、コミュニケーションする力を身につけます。

発表(Show & Tell・スピーチ)やペア・グループワークなどを通じて聞く力と、伝え方、英語で質問する力、応える力、コミュニケーションへの前向きな態度を身につけていきます。

この時期には学校や教材、授業時間数、学力や他の教科の成績に依らず、自ら話そう、伝えよう、英語を使えるようになろうという意欲が強く、一生懸命に練習や努力をする生徒が特に力をつけます。そうした生徒はクラスで英語の成績がトップグループに入っているので自負心も生まれ、更なる向上心に結び付きます。
反対に、文法の先取りや問題集ばかりやらせていると、生徒は英語の学習目的が問題に正しく答えることだと思ってしまい、練習がおろそかになります。結果として中学の学習内容が身につかないため、高校での発展的な学習についていくことが出来なくなります。
中学で学習する英語の基本を習得するには、文法を意識せずに「正しく文が書けて、言える」ようになるまで学習した表現を使う練習を繰り返すことが必要です。そうした中学英語の基本があって初めて、高校でその力を大きく伸ばすことができるようになります。また、この時期の英語がしっかり使えるようになれば、将来自然な日常のコミュニケーションが出来るようになります。

笑顔で授業を受ける生徒たち

Senior Stage
中学3-高2対象

新高校1年生は英語力を伸ばすチャンスです!

テーマを広げて基礎的な運用力を高める

談笑する生徒たち

4技能をバランスよく伸ばし

コミュニケーションする力を身につける

コース設定:TOEIC®450 ~⇒ 500 ~

                        英検 ~2級

 リスニング、読解はもちろん、スピーキング、ライティングの力を毎回のレッスンで練習することで英検、TOEIC, TOEFL, TEAPなどの試験でも好成績を出せる力、留学して困らない力を身につけます。

テーマを地域社会や他の国々の文化や環境などに広げて語彙や表現の使い方を学びます。

中学から高校で学ぶ基本的な文法や語法を、読む、聞く、書く、話す、プレゼンテーションなど、英語を使う練習活動を通して身につけます。理解した英語を日本語でまとめる、キーボード入力でのライティングなど表現力をつけます。

中3の後半からは生徒の学習への意識や学ぶ力が総じて高くなってきます。それまでに学習した内容がしっかりと身についていれば力を大きく伸ばせる時期です。一方で、生徒の英語力の差が広がっていく時期でもあります。
試験の成績が平均点並みだったり、英文を正確に読めない生徒は、基本が不十分なために授業についていけなくなっていきます。このような時期には、それまでに学習してきたことを使う練習によってしっかり固め、その上で高まってくる学習力や意識を活かして、高校での発展的な学習につなげていくことが特に大切です。

談笑する生徒たち

Advancing Stage
高校2-3年対象

大学の英語授業に対応出来る力を育成

草原で笑顔の男子生徒

英語で学んだ内容についてまとめる、

考える、伝える力を身につける

コース設定:TOEIC® 500700

          TOEFL ITP® 450 500~ 

                        英検 準1級

自然科学や歴史、文化や社会など幅広いテーマを英語で学びます。

書く、説明する練習、ディスカッションやプレゼンテーションを通じて留学や大学での英語による授業に参加できる力をつけます。

キーボード入力や即答練習で英語を実践する、入試やTOEFLに対応する力をつけます。

高校1年生までに英語を使う基礎力がついていれば、高校2年生からは大学での授業を意識した学習を始めることができます。大学の英語による授業では、英語を学ぶのではなく「英語で新しいことを学ぶ」ことになります。
国内、海外を問わず、英語による授業では、授業がわかるだけではなくディスカッションに参加できるだけの発話力、プレゼンテーションやレポートなどができる力が必要です。一貫コースでは大学生向けの教材を使って幅広いテーマについて参加型のレッスンを行い、大学の授業に英語で参加できる力を磨きます。

空に向かって両手を広げる男子生徒

My Global Learning Program

国際社会への対応力を育てる

笑顔の外国人講師

2014年度から高校生以上を対象に
My Global Learning Programを開始。

東京の英語塾MEL School三鷹では、People, Places, Things, Eventsなどの諸テーマについて、外国ではどのように紹介されているかを英語で学び、考え、話し合います。これによって、国際人として欠かせない知識や客観的な視野を広げます。
このプログラムでは生徒が自ら調べ、考え、クラスにいかに自分が参加するかを通じて、留学や大学での学習に対応できる素地を育成します。

入校に際して

最適な環境で学んでいただくために

dc40e1d4-ab73-49bd-92b1-730e339a6fce
MEL School三鷹では、英語の学習経験や海外経験、学校の授業内容、本人の目標によってきめ細かいカウンセリングを行ったうえでコースを決めていきます。まずはメールでお問い合わせください。

システムについて

笑顔で授業を受ける女子生徒

スケジュールや時間割 MEL School 三鷹では各コース週2回、月8回、年間96回、祝日も含めてレッスンを行っています。
お休みは年末年始に約1週間、3月末に2~3日、GWに3~4日、夏に2週間程です。

振替:レッスンはカリキュラムに沿って行われるため、欠席したレッスンの振替はありません。欠席した場合は次のレッスンのサポートタイムにフォローを受けられます。
講習:途中入校の生徒への補習は必要な場合に行いますが、夏期・冬期講習などは通常行っておりません。
連絡システム:

1.登下校メール 生徒が登校、下校するとその時刻を保護者が指定するアドレスに即時配信しています。

2.Lesson Report レッスン内容や連絡事項を毎レッスンの翌日中にBlogに掲示しています。欠席した場合でも学習内容の確認ができます。

3. Monthly Report 各月の出欠、クラスの状況、個人の学習状況について毎月メールでご報告します。

4.Edmodo PrimaryコースからJuniorコース(一部Seniorコース)では教育用アプリEdmodoを利用しています。生徒の作文の添削、課題のフィードバックなどの日常的なやり取りを保護者の方とも共有しています。

よくあるご質問

一貫コースに途中からの入校はできますか。

(小)中高の一貫カリキュラムとは言っても、学校の標準的な学習進度に準じているので途中入校することは可能です。学校で中以上の成績の生徒なら中2の夏休み頃まで、英語の学習に熱心な生徒なら中3からでも、また、力があって更に伸ばしたいという生徒なら高校からでも、一貫コースで英語を使う力を身につけることが出来ます。

途中入校でも授業についていけますか。

英語を使うレッスンに慣れるまで、また、基礎練習の不足分を挽回できるようになるまで個別対応が必要になることがあります。例えば読む速さ、音読のレベル(声に出せない生徒が多い)、文字を書くスピード、受け答え・応答の仕方などの基礎的な問題から、文や文章を書く力、読んで意味を推測したり理解したりする力、聞いた内容に関する質問に応えたり説明したりする力などで差が目立ちます。

特に中2の後半からは学校の学習進度が上がってくる時期です。それ以前に基本が出来ていれば(英語を学習する力がついていれば)、一貫スクールでの学習効果も出やすく、学校の成績も上がってきます。そうでない場合は、練習によって基本が身についてくるスピードと学校での学習進度との差を縮めるのに時間と努力を要します。このような場合は、家庭での練習課題やレッスン前のサポートタイムでの指導を追加することで、出来るだけ早くレッスンによる学習効果を出せるようにします。なお、どうしても必要な場合に限って、短期間の個別指導(有料)をお勧めすることもあります。中学生の内に本人が努力をして英語の基本をしっかり身につけることが出来れば、高校で英語の力を伸ばすことができるようになります。

帰国生への対応はありますか。

帰国生にもMEL Schoolでの学習はとても効果的です。海外の現地校やインターナショナル校に通った生徒は、通っていた時期(幼稚園、小学校、中学校)においての英語に慣れています。また、一般的な英語の理解力やコミュニケーションの感覚はとても優れていて、英検やTOEICなどでも非常によい成績を取ることができます。こうした帰国生の強みを活かして、日本の学習環境の中で知識を広げながら、大学に向けて日本語とも連携した英語の力を伸ばしていきたいものです。

以下は帰国生に見受けられる課題とMEL Schoolでの対応の例です。

課題 必ずしも言語として英語を学んでいた訳ではない場合、文法の使い方の学習がきちんとされていない。
対応 MEL Schoolでは、ネイティブ教師も利用している(=帰国子女も学習しやすい)文法とコミュニケーションの中高一貫教材Bridge to MELを使って、高校1年までかけて学齢にあった文法の使い方を学習します。以降は文法やライティングの外国教材を使って実践的な使い方を身につけるため帰国子女の生徒さんの力を伸ばせる環境を提供しています。

課題 特に幼少期に英語圏で生活していた場合、周りは子供に分かりやすく話してくれるが、子供は相手に伝える努力をそれほどしなくても理解してもらえるため、子供ことばにとどまっていることがある。
対応 MEL Schoolでは、学校の学習進度や生徒の学齢に応じた教材を使ってテーマや語彙を広げています。英語だけ先行して実社会やビジネスのテーマや語彙で学習しても、本当のところ意味は分かっていない生徒も出てきます。生徒の成長に応じた教材を使って英語の使い方を指導することが大切です。

課題 文法用語や日本語解説による知識習得型の授業や、問題を解くことが中心の日本の高校での学習と、海外で育成された実践的な英語の感覚や運用力がうまく結び付かない。
対応 MEL Schoolでは、良質の英文を大量に使って、生徒の学齢や理解力とのバランスをとりながら学習を進めます。英語で理解した内容を適当な日本語で伝える、日本語の内容をうまく英語で伝える練習を中3の後半から高2まで徹底して行うため学校での学習との相乗効果を出しながら海外で培った力をさらに伸ばします。

お問い合わせはコチラ

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-13 三鷹第二ビル101

レッスン日/月〜土 受付時間/13:00~19:00

電話受付日/火〜土 電話受付/13:00~17:00

pixta_34542321_m

TOP